二の腕のブツブツエステサロン 新宿編

二の腕や太ももなどに無数のブツブツができて、ザラザラした感じがある症状を「毛孔性苔癬」といいます。
二の腕や太ももの他に肩や背中・お尻などにもできやすく、人種や性別の区別なく小児期から発症し、思春期に目立ってきます。
年を重ねていくと自然に消失すると言われていますが、目立たなくなっても完全に消えてしまうことは少ないようです。

ザラザラした感触やブツブツのある見た目を気にして皮膚科を受診しても、特にこれといった効果のある治療法はないとされています。
健康上の問題はなく年を重ねれば自然に治るとされているので、積極的に治療に取り組んでもらえないことが多いようです。
皮膚科で処方されるのは、尿素軟膏やサリチル酸ワセリン軟膏などの角質溶解や保湿の作用がある外用薬です。
対処療法としての治療なので、効果が見られたとしても薬の使用を止めるとまた症状が戻ってしまうこともあります。
美容皮膚科や美容外科では、他の肌トラブルに対しても用いられるレーザーやケミカルピーリングなどの施術を受けることで、個人差はありますがある程度の効果が見られるようになるとされています。

毛孔性苔癬の赤いブツブツは、毛穴に角質が詰まり角栓が出てきたものなので、エステサロンでプロによる施術を受けることで肌の代謝をアップさせ、古い角質を一気に落としツルツルの腕を手に入れることができます。
あなたの腕のそのブツブツ、治らないと諦めていませんか?一度エステでの施術を体験してみてはいかがでしょうか?